ちえてらすコンサルティング

第2回 ビジネスモデル・ジェネレーション ワークショップ

20130727ws新規参加者も増えて5名でのワークショップでした。

今回は、ガソリンスタンドとブックオフの事例でキャンバスを描きました。

ガソリンスタンドは前回同様、フルサービスとセルフサービスに分かれてキャンバスを描き、それぞれ発表しあいました。初めてキャンバスを描くみなさんはなかなか手強かったようです。
次に事例にしたのは、ブックオフ。
ブックオフも顧客が、本を買う人と売る人の2種類あるんだってことを意識して描いてもらいました。

経営戦略を考える際に、”誰に・何を・どのように・効果は?”という切り口を使うと考えやすいことをお伝えし、さらに2つの面から物事を捉える(売る人・買う人、若者・高齢者)と気づきが得やすいこともお話させていただきました。

参加者のみなさんからの感想として、「思ってたよりレベルが高かった」、「次回は、SWOTなどの分析手法を学びたい」などをいただきました。

ビジネスモデル・キャンバスを入り口にして、ビジネス脳を作るフレームワーク学習も計画に入れているので回を追うごとにご紹介していきたいと思います。
玄蕃祭りの日にもかかわらず、みなさんと楽しいワークができました。