ちえてらすコンサルティング

平成25年度 中小企業診断士2次試験にチャレンジ

みなさん、本試験お疲れ様でした。
本試験問題が公開されましたので、チャレンジしてみました。
各事例とも与件文は読まずに設問要求解析のみを行った段階での所感になります。
まったく的外れの部分もあると思いますが、昨年合格者の1つの対応の仕方としてご覧いただければと思います。

事例1~3は例年通りのオーソドックスな定番の設問が多かったと感じます。
事例2も計算問題は出ましたが、それ以外は要求されている内容は例年通りです。
最後の事例4は計算が難化し200%定率法を知らない場合どうしようもないですが、6割に届かずとも確実に解答できる経営分析や記述部分、1,2問の計算だけでも歯を食いしばって捕りにいく執念だと思います。きっと事例4ではそのまま6割は取れないと思います。

設問要求分析だけでの所感なので、これを本番で受験されたみなさんの緊張度は想像を絶するものと思います。
昨年の本試験でもかなりの変化球感を感じましたが、今年も負けていません。
とはいえ、事例1~3は事例2の計算で動揺しなければ従来通りの学習で十分狙えるものです。
事例4については明らかに80分の制限かつあの頭の疲れた時間帯で解答するには実力よりも現場対応力、決断力が効いてくると感じました。
昨年の事例4で、もうイヤだと思いましたが、今年の事例4は本当に本番で対応するにはつらいと感じます。

みなさん、本当にお疲れ様でした。

●各事例ごとの要求解釈へ