ちえてらすコンサルティング

meetup! ビジネスモデル・ジェネレーション勉強会

20131022_meetup写真

10月22日(火曜日)、ビジネスモデル・ジェネレーション ワークショップも3回目。
今回はみんなが知っているマクドナルドを題材にキャンバスを描きました。これまでで一番親しみやすい企業です。

初めてビジネスモデル・ジェネレーションに触れる方が3名いましたので、最初は何をどう書いていっていいのか戸惑っている模様でした。
最初にビジネスモデルを描く上での切り口「誰に・何を・どのように・効果は」の説明を行い、その順番に沿ってキャンバスを埋めていきました。
15分ほどでキャンバスの右半分の収益の仕組み部分を描いて、1人ずつ各セクションの内容を順番で発表していってもらいました。自分が書いていない視点や項目が出てきて、言われてみればなるほど!との感想がでてきました。
最後には欲張ってSWOT分析についての解説をしましたが、90分のワークショップの時間で消化するには苦しかったです。それでも強みや弱みは絶対的なものではなく、相手があっての相対的なものであることは伝わりました。

参加者のみなさんからは、「思ってたイメージより難しかった」、「いろんな視点が出てこない」、「人の意見を聞くとすごくためになる」、「難しかったけど、面白い!」などの感想。
ビジネスモデル・キャンバスは自分1人で描くのでなく、このようなワークショップ形式で複数人で描いて意見交換する方が効果的だと全員が感じました。

次回以降のビジネスモデル・ジェネレーション ワークショップでは、事例企業の選別、事前の説明をより重視してより敷居を低くして取り組んでいこうと思います。
また、SWOT分析や外部環境分析などは、時間に余裕を持って別のセッションとして開催する予定です。