ちえてらすコンサルティング

マイクロソフト謹製アプリ OfficeMobileリリース

OfficeMobile

待望のOfficeMobileがやっと日本でもリリースされました。

以前より海外ではOffice365ユーザー向けに提供されていたものだけど、ずっと日本ではリリースされないままでした。
今回の日本リリースではOffice365契約がなくても使えるので、利用者のすそ野がぐっと広がるはず。
さっそくAppStoreからダウンロードして触ってみた。

 

 

 

最初のポイントはログインするID。

ログインはマイクロソフトIDで行うんだけど、ここでOffice365のアカウントを使うか普通のマイクロソフトアカウントを使うかでログイン先が違ってくる。これ重要。

Offcie365アカウントでアクセスOffice365アカウントでログインすれば、自分のSharePointoサイトとOneDrive for Businessが開くことになる。

 

 

 

 

 

 

普通のマイクロソフトアカウントでアクセス普通のマイクロソフトアカウントだとOneDriveだけが開くことになる。
両方使っている人にとっては一度に両方にアクセスできないので不便と言えば不便だけど、Office365の方を使うでしょう。

 

 

 

 

 

OfficeMobileアプリだとOffice365同等にSharePointoサイトとOneDrive for Businessにアクセスできる。

OneDrive for BusinessアプリだとOneDrive for Businessにのみアクセアスできるようだ。

マイクロ謹製のアプリなのでOfficeの再現性は折り紙付き。
試しにPowePointファイルを開いてみたが、PCと同等の再現性で違和感がない。

編集機能はというと、WordとExcelはインライン編集が可能で驚かされた。
しかしPowePointの場合は編集は別画面に遷移してしまいちょっと不便となる。
でもスマホでOfficeファイルを編集するシーンはまれであろうから、編集機能はあくまでも緊急用と割切ればいい。
閲覧に関しては問題ないため、Officeファイルの確認には重宝しそうだ。

Wordのインライン編集   Excelのインライン編集  PowePointの編集
Word              Excel              Powepoint

OfficeMobileとの連携

マイクロソフト同士のアプリは連携しているようで、OfficeMobileを入れていればOneDriveアプリからファイルを閲覧する際にOfficeMobileで開くことができるようになっている。
残念なのはメールに添付して送られてきたOfficeファイルについては受信がGmail側の機能での閲覧となっている。

海外ではリリースされていたOfficeMobile、半年以上も待っていた甲斐があったというもの。
これまでもいろんなOfficeファイルを取り扱うアプリが出ているが、今ひとつ信用がおけなかった。
このマイクロソフト謹製OfficeMobileの登場でその懸念も無くなった。
スマホでのOfficeファイルをハンドリングする定番アプリとしてこれで決まりでしょう。