ちえてらすコンサルティング

週末起業真夏の大交流パーティ2014

面白い肩書き7月5日、日本橋で行われた週末起業フォーラムの「真夏の大交流パーティ2014」に参加してきました。

週末起業フォーラムとは、会社員の自立した働き方の1つとして週末を利用して小さくビジネスを始めませんか?というものを推進している団体です。ベストセラー本にもなったそのものずばりの「週末起業」が有名です。

週末起業家、これから週末起業を始めようというサラリーマン、既に独立している人など150名近くの参加者で賑わっていました。

第1部のセミナーでは、「稼げるコンサルタント、講師になる仕組みと手順マスター講座」を選択、なるほど自分が考えてる悩みごとの解決策を得ることができたことは大きかったです。
講師は日産出身で自動車ディーラー系を専門にコンサルされている鈴木誠一郎先生。
コンサルタントの商品は目に見えません。目に見えないサービスを如何に売っていくのか?そこは大きなポイントでした。
そのためには、
①スタートした時点から他と差別化した独自性が明確なこと。
②自分の「強み」を「増幅」させて、「オンリーワン・ノックアウト・コンテンツ」を持つこと。
③それを体系化・マニュアル化して、目に見える形あるもの、手に取れるものにすること。
④買い易い「パッケージング化」
が大切であると話されました。

そうなんです、目に見えないサービスを可視化する、社長さんに手にとって見てもらうことができるようになることで戦うための「武器」を持つことになります。
鈴木先生とはスカイプでの個別相談のお約束もいただいたので楽しみです。

次に受講したのは、週末起業家のトークセッション「この先、こんなネタが面白い!私たちだからわかるビジネストレンド」では、まさに今週末起業をやられている方の本音、独立にあたっての心境が聞けてリアルでした。
サラリーマンと起業家の違いは、お金の使い方。お金を借りてでも投資してリターンを得るのが起業家で、手持ちの範囲でどう使うかがサラリーマン、これには心が痛いです。マインドセットが違うんですね。
Webによる集客が何かと話題ですが、実際は対面での集客がクロージングし易いってのは逆説的で面白かったです。
最近の週末起業の傾向として、以前は即金性の高いビジネスに関心が多かったのが、自己実現・自己成長の1つとして週末起業を捉える人が多くなってきたそうです。テニス倶楽部で仲間と楽しくやるのと同じように、テニスが起業になった感じです。
景気が上向いてきて周りが良くなってきて、自分もなんだか良くなってくる。景気が下がれば、自分も下がる。結局、周りに流されているんじゃないの?との指摘もありました。

最後に週末起業、起業家になるには、「マインド、覚悟、腹をくくる」ことが必要という結論でした。
時代に流されずに自分が何をやりたいのかをしっかり腹に落とさないといけません。

第2部は懇親会、たくさんの方と名刺交換させていただきました。
お酒も入ると話が弾みます!
いただいた名刺の肩書きが面白いんです。

こんにゃく生活コンシェルジェ
夕飯づくりが楽になる簡単献立作成アドバイザー
お話し相手専門家

こんな肩書き見たこと無い!!って。いいですねぇ、週末起業っぽくて!

今回の交流会で、同じ悩みを持ったたくさんの熱のある仲間に会えました。
イヤでもがんばろう!って気になりますね!

http://www.shumatsu.net/communication/summer2014.html