ちえてらすコンサルティング

PayPal Here始めました!

PayPalHere

スマホでの電子決済が広がっています。

スマホのイヤホンジャックに専用の小さな装置(これのことをドングル Dongle と言う)を差し込んで個人でも手軽にクレジットカードでの決済ができる仕組みです。
例えば、個人事業をやっていてお店もそうだけど、訪問してサービスを提供する際やフリーマーケットなど、現金や振込だけでなくクレジットカードが使えることで、お客様の料金支払いの選択肢が広がり、お金がないからといった機会損失が減る可能性が見込めます。

しかしこれまではクレジットカード決済を導入するには、初期費用や機材代が高額、そもそもクレジットカード会社の信用審査があり個人個人事業主だと審査が通らず、敷居が高いものでした。決済費用もばかになりません。これでは導入するメリットが少なく、なかなか個人事業主にまでクレジットカード決済が広まっていませんでした。

この敷居の高さを打ち破ったのが、スマホに専用のドングルをつけて決済する仕組みです。
この仕組みでは、利用しようとする個人や店舗が直接にクレジットカード会社と保証契約をするのでなく、スマホ決済サービスを提供している会社が間に入ることで審査での敷居の高さを減らしてることがポイントです。さらにスマホに付けるドングルは千円程度、月額費用もかからず、決済手数料も3.数パーセントと低額になっています。
個人でもクレジットカード決済を導入する機運が高まっています。

以前の記事”Square(スクエア)”という仕組みをご紹介しましたことがあります。
今回紹介するのはあの有名な”PayPal(ペイパル)”のスマホ決済”PayPalHere”です。PayPalと言えばネットでのクレジット決済では老舗で有名です。

PayPalもSquareもスマホでクレジットカード決済できる点は同じですし、決済手数料もたいして変わらないので、どちらを使ってもほとんど同じです。
違いといえば、どちらも、VISA、MasterCard、American Expressが使えますが、PayPalはこの春からJCBも使えるようになること。日本国内ではJCB使えるのは大きいですね。
PayPalがクレジットカード決済に特化しているのに対して、Squareはレジ機能や商品登録機能など多彩な機能があるのが魅力です。

使ってみての感想は、Square多機能な分、覚えることも多く面倒に感じました。シンプルに決済だけでいいのならPayPalもおすすめです。

PayPalもSquareもホームページで申し込んで3〜4日で利用できるようになるので、個人事業主のみなさんは試してみる価値があると思いますよ。

PayPalとSquare

上の青いのがPayPal。下の白いのがSquareのドングル。