ちえてらすコンサルティング

9割救う、板橋モデル

s-IMG_0363_20150820_170209 1
板橋区立企業活性化センター長の中嶋修さんのお話しをお聞きしました。
中小企業支援「板橋モデル」として有名でよろず支援拠点のお手本となっているものです。この「板橋モデル」で支援先の9割は助かると中嶋さんは強調されていました。

板橋区立企業活性化センターでは、経営改善チームを組織し金融機関には本音で話せない、経営者が相談する場所がないといった悩みを解決しており、今までの行政支援機関ではやっていない事、できなかった事にチャレンジしています。
まさに、よろず支援拠点の原点ともいえる取組みです。

板橋区経営改善チームは税理士ともみっちり連携し、問題点を指摘し道筋を明らかにしていく作業を通じて経営者の覚悟作りと良き相談相手になることを目標にしています。

その支援は、予約制ではありますが土日、祭日、夜間の相談受付、10回以上の訪問指導などここまでやるのか!という内容です。

一番の取組みは経営改善計画を立てて、資金調達支援、リスケを金融機関と交渉し、さらに実施状況をきちんとモニタリングすることです。

日々よろず支援拠点のサブコーディネーターとして企業訪問していますが、1回の訪問でなく数回訪問し、きちんとお話ししながら進めてはいますが、板橋モデルに匹敵する支援には及んでいないと思っています。
いったん支援に区切りが付いても定期的に訪問して状況把握をしていこうと思います。
中小企業救う「板橋モデル」 専門家が徹底支援 「9割助かる」信念に
http://www.sankeibiz.jp/business/news/131022/bsl1310220503006-n1.htm

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/dantaitorikumi/11kigyoukasseika.pdf