ちえてらすコンサルティング

信州アルプス大学

信州アルプス大学タイトル2

1月16日(土)信州アルプス大学が開校を迎えます。

信州アルプス大学とは何か?ソーシャル系市民大学と呼ばれているジャンルに属す市民大学です。

市民大学の定義も多様でこれといって決まったものはありませんが、行政主導の教養的講座や、都会から著名な方に来ていただいて講演を聴くものがわりあい多いと思います。対象もリタイヤメントされたシルバー層が多いですね。

ソーシャル系大学という観点では、東京のシブヤ大学、群馬のジョウモウ大学など、若い世代も含めた活動をされている大学も全国に多数あります。

信州アルプス大学(略称、プス大)は、他のソーシャル系大学の取組みに共感し、また30~40代の現役世代の社会参加、プロボノ活動啓蒙の視点からコンセプトを作りました。

地元の活躍している人や企業に先生になってもらい、地元の人が生徒になる。そこに先生も生徒も活躍の場や新しいつながりができ、自分のスキルがもっと生かせるようになれたらという「Palette(パレット)」構想が土台です。

プス大設立については、たくさんの仲間の助け、協力があってのものです。
今回のメインターゲット層である30~40代が集まり、会議をし、考え、人をアテンドし、やってきました。

先行学生登録も年内100名の予定を越え、120名になっています。

1月16日、開校式の記念授業、懇親会の席もまだ多少空きがあります。ぜひ、ご参加ください。

ひとりひとりがもっと生み出す社会へ