ちえてらすコンサルティング

カタナ、復活!

480-IMG_1971 480-IMG_1970

エンジンがかからなかったカタナが帰ってきました。

原因はプラグの点火不良。プラグ交換したら1っ発でかかったとのことで、僕があんだけ時間かけて調べたのは無駄でした。次回からは素直にプラグ交換しようっと。

エンジン修理かなと思っていたのでそこそこの出費を覚悟してましたが、プラグ交換だけで済み出費を抑えることができました。そこで前から気になっていた前後ブレーキのオーバーホールをお願いすることにしました。

25年以上前のバイクです。ブレーキピストンも錆が出てましたし、マスターシリンダーのパッキン類もへたってるはずです。ここで全交換で本来の性能に戻し安全面を上げたいと思ったからです。ついでに、ブレーキホースも純正のゴム製からステンレスメッシュ製に変更です。

ステンホースは銀色で、バンジョーボルトもアルミ製で赤色や青色でいかにも交換しましたと目立ちます。目立ってもいいんですが、なるだけノーマルテイストでいきたいので、ステンメッシュにはスモークのチューブを付け、バンジョーボルトもアルミではなくステンレスの銀色と、ぱっと見た目ノーマルと区別が付きません。でもステンメッシュ。いいです、この感じ。

480-IMG_1973ブレーキフルードも新品に交換なので液面をみると透明なのがわかります。バイク屋さんからも2年に1回は交換したほうがいいよとアドバイスをもらいました。

今回、エンジンがかからないことをきっかけにバイク屋さんにお願いしたのですが、ブレーキのオーバーホールもでき、25年前のバイクであるカタナもまた長く乗れる状態になったと思います。

早く春が来るのが待ち遠しいなぁ。