ちえてらすコンサルティング

A3プリンターはでかい!

A3のび複合機PX-M5041F

A3のび複合機 PX-M5041F

自宅で使っているプリンター(複合機)を新調しました。
これまではA3複合機PX-M740Fを1年ほど使っていました。家庭用インクジェットに比べてビジネス用は印刷速度も速く、インクも顔料のため印刷する紙もあまり選びません。なんら不満はなかったんだけど、子供が大学入学で引っ越すことになってプリンターをあげることにしたため、新しく買うならA3ってなった次第です。

玄関いっぱいのダンボール箱

玄関いっぱいのダンボール箱

まず届いた日に帰宅して驚いたのが玄関にで~んと鎮座するダンボール箱!

「で、でかい!」が第一印象です。2階の部屋に一人で持ってあげることは出来ず、奥さんと2人がかりで持ち上げることに。

取扱説明書にも2人で運ぶようにと書いてありました。

開封してA4機と大きさ比べをすると、まんまA4機が中に入るくらいに大きさ。

電気屋で実機は見てはいましたが自宅のデスクに置くとホントデカい。会社のオフィスだとここまで大きさを感じさせないでしょうが、SOHOで使うには大きすぎるかもしれませんね。

今回導入したPX-M5041Fですが、ダブルカセット仕様で、上段にA4、下段にA3をセットしています。

大きさ比較企業診断などをやる際に財務分析での損益計算書や貸借対照表などはエクセルを使うためA4では小さすぎます。ここはA3が欲しいところ。
これまでは別のA3プリンターで打ち出していたのですが、色の発色が機種によって違うためちょっと統一感がとれていませんでした。これが同一機種でA4もA3も打ち出すので色のテイストが同じになるのはうれしいです。
またスキャンもA3のびまでできるため、雑誌を見開き1枚でスキャンできるのは超便利ですね。

性能的にはA3複合機PX-M740FもA3のび複合機 PX-M5041Fも同じで、毎分モノクロ18枚・カラー10枚。ただ大きさが大きくなっただけってことです。

最後に思わぬ落とし穴が・・・
インクカートリッジの種類が違ったんです!

普通容量のインクカートリッジはPX-M740FもPX-M5041Fも同じ”74”インクなのですが、大容量インクはPX-M740Fが”75”インクでPX-M5041Fは”76”インクなんです。
A3複合機PX-M740F用に大容量インクを2パック買っていてこれが使えるって思ってたのに、型番違うなんて・・・目がテンになりました。

インクセット

型番が違ってた・・・

同じシリーズでA4かA3の違いなので当然インクカートリッジは同じモノだと思ってました。
しかも普通容量は型番一緒で大容量だけ違うとは・・・こういったところは共通にしてもらえると助かるんですがね。

A3機導入で、資料作成の効率や質がぐぐっと上がるようになることを期待してます。