ちえてらすコンサルティング

電気製品の処分

子供の引っ越しもあってこの3連休は部屋の大片付けでした。

そこでいろいろ出てくるのがパソコン関係の機械。

パソコンやプリンターはもとより、ルーターやネットワークケーブル、いろんな基板、よくもこう出てくるものです。

小さなものはいいのですが、パソコンやプリンターは家電リサイクル法で処理が決まっていて粗大ゴミとして簡単に捨てることができません。PCリサイクルシールが貼られてあるので購入時にリサイクル費用は払ってはいるのでしょうが、もう何年も経っていてどこに送るのか調べたりかなりの手間です。なんせ、今すぐ処分して部屋に空きを作りたいので時間もかけたくありません。

地元自治体のリサイクルセンターに持ち込んで、衣類やプラスティック類は処分してもらえました。でもパソコン関係は別の民間の処理業者への持ち込みで一括処理してもらいました。デスクトップパソコンとノートPC、プリンターの3点でもちろん有料。数千円かかると言われましたが、なんとかまけてもらって2000円ぽっきりにしてもらいました。(こういうのも言い値なんですね)

毎年ものすごい数のPC関連の新製品が発売される一方で、これまた毎年ものすごい数の製品が処分されているのが現実。買うのは簡単ですが、その最後の処分は考えないといけませんね。