ちえてらすコンサルティング

中小企業診断士

経営コンサルタント

中小企業診断士は、経営コンサルタントの唯一の国家資格です。
経営コンサルをやるのに特別な資格は不要ですが、世の中にはいわゆる「インチキコンサルタント」もいっぱいいます。(もちろん立派なコンサルタントの方が多いのですが)

何をみてそのコンサルタントを判断するか?1つはこれまでの実績です。どんな仕事をしてきたのか、執筆経験など。これは大切ですが、本人から聞いただけで信用してはいけません。ちょっと大きなプロジェクトにちょこっと参加しただけでいかにも自分がやったみたいに言う方はいます。

一番いいのは人や金融機関などからの紹介でしょう。
そうでなければ客観的にスキルを証明するもの、それがコンサルタントの国家資格である「中小企業診断士」となります。少なくとも合格率4~5%の難関試験を突破した知識はありますし、毎年の理論政策研修で知識補充も行っています。公的な業務に携わっている診断士も多く、国の施策や補助金などに詳しいのも特徴です。スキルの最低保証としては担保になると言えます。

僕も診断士になって、長野県内はじめいろんな地域の診断士の先生方とお付き合いさせていただいてますが、みんな優秀です。プロトしてプライドをもって仕事をされています。しかも人間性もあって面白い人(変な人?)が多いのも診断士の特徴かなぁと思います。国家資格なので国の支援制度のお手伝いもしていますし、金融機関との連携も密に取っています。

国の制度を使えば、無料で経営相談にのってもらえるので、経営者のみなさんは一度中小企業診断士に話を聞いてもらうだけでもお勧めします。

一人で考えてて行き詰まっていたことが、専門家に話しをするだけでなんらかのヒントやつなぎ先が見えることも多いです。