ちえてらすコンサルティング

まずは現場を見る

生産現場を見る

生産現場を見る

企業さんの経営相談を受ける際には必ずまずは現場を見せてもらいます。

製造業であれば工場を見せてもらいますし、飲食店では予め訪れてそこで食事をします。

財務諸表ももちろん見ますが、数字は数字であり結果です。なぜそのような結果になっているのか、そのような人がどのように働いているのか?それを見ないと数字だけではアドバイスできません。自分が食べてもいない飲食店の経営指導するなんてナンセンス極まりないと考えています。

また関与している先では、なるだけ経営陣も含め社員さん一人一人面談し、お話しを聞かせてもらいます。なかなか経営陣に言えないことも第3者の僕には話してもらえることも多いです。リラックスして話してもらえる工夫はしてます。お菓子用意したり、笑いをとったり。
こうして社員さんと話することでその社員さんのことや会社の中身が少しづつわかってきます。

いろんなコンサルタントがいますしいろんなやり方もありますが、財務諸表だけ見てあれこれいう方をみると正直あきれます。青島刑事ではありませんが、
「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」
です。