ちえてらすコンサルティング

やっぱりG-SHOCKが欲しい

逆輸入のGW-M5610

逆輸入のGW-M5610

昔っからG-SHOCKが大好きです。

もう何個買ってきたことかわからないくらい購入してきました。中でもダイバーズウォッチのFRPGMANは絶品でごっつくてカッコいいです。

そんないろんなG-SHOCKがある中でここ数年の1番のお気に入りは定番モデルのGW5000シリーズ。といってもおわかりにならない方が多いと思いますが、映画スピードでキアヌ・リーブスが付けていたモデルです。初代G-SHOCKであり、通称スピードモデルと呼ばれています。

このスピードモデルも代を重ねるごとに機能が向上し、今では電波ソーラーになっていて電池交換も時刻合わせも不要の最強モデルとなっています。でもデザインは初代をモチーフとしたものでこれならビジネスシーンでもおかしくなく使えます。

4~5年このモデルを使っていたのですが、子供が大学進学するにあたりあげました。最近の子供は時計をもっておらずスマホだけです。でも流石に時計はいるわなというので、受験の際から貸していたものをそのまま譲る形となりました。

このG-SHOCKが減っても他に数本時計は持っています。

G-SHOCKのFROGMAN(これは黄色なのでビジネスシーンでは使えない)、セイコー1000mマリンマスター(これは使ってます)、ORIENT STAR(機械式時計、レトロ感あってすごくいいです)、KNOT(ガイアの夜明けでも紹介された国産クオーツ、これはビジネス、カジュアル問わず使えます)。

どれもお気に入りなのですが、やっぱり正確な時間がわかる電波時計が欲しいという思いがどうしても抑えきれず、再び購入することにしました。

今回は、逆輸入モデルのGW-M5610-1。海外版です。
以前持っていたのはインドネシア製でしたが今回のはタイ製。電波機能が5バンドから6バンドに増えています。見た目は前モデルとほぼ同じ。マッドブラックで実にカッコいい。

特製の缶ボックス

特製の缶ボックス

紙箱ではなく、特製の缶ボックスに入ってきたのは驚きました。プライスタグにはUS140ドルとありました。1ドル108円として約15000円です。

Amazonでは、国内モデルが14,440円、輸入モデルが11,500円で売られています。

原点にして最強のGはこのモデルだと思っています。