ちえてらすコンサルティング

A3機はやはり便利

A3ノビ複合機PX-M5041F

A3ノビ複合機PX-M5041F

オフィスで使うプリンターをA4複合機からA3ノビ複合機に変更して約2ヶ月、とても便利に使ってます。

ほとんどの文書はA4でいいんだけど、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表、エクセル系のものはA4サイズだと小さすぎて読めません。それがA3だとしっくりくる大きさで視認性もOKです。

エクセル系以外には、マインドマップなんかもA4よりもA3でプリントしたほうが全体像がわかりやすいです。A4からA3は面積が2倍になっただけですが、ビジネスやっていると必要性でてきます。

PX-M5041Fの便利な点は、用紙トレーが2つあること。用紙トレー1つのPX-M5040Fとどちらを買おうか悩みました。トレーが増えるだけで1万円違ってきます。A3をしょっちゅう使うわけではないし・・・とPX-M5040Fに傾きましたが長い目で見るとトレーが2つあったほうが用紙の入れ替えも不要だし楽だろうという判断でPX-M5041Fにしました。これもその通り、正解です。楽です。

A4、A3で両面印刷や両面スキャンできることも便利ですし、ちょっとした雑誌は見開きでコピーできます。A4でスキャンとA3でスキャンは単純に2倍スキャンする回数が違ってきますからバカにできません。

大は小を兼ねる、PX-M5041Fはそんな複合機と思ってます。

大容量カートリッジ

大容量カートリッジ

ちょっと痛いのはランニングコストかな。

インクカートリッジ式モデルなので、インクカートリッジを購入しないといけません。
このインクカートリッジが4色大容量タイプだと1万円します。いくら必要とはいってもインクに1万円はキツいですね。

最近販売されたエコタンクモデルだと2年間インク交換不要となっているみたいなのですがA4モデルしかありません。次期買い換え時にはA3モデルもでてるでしょうから検討できそうです。