ちえてらすコンサルティング

SWOT分析(1)

1ed7d2be84876c13608ee7574bc08969_s

支援先の会社さんで社員10名ほどに参加していただいて自社の強み・弱み分析を行いました。

俗に言うSWOT分析なんですが、専門家でも大企業の社員でもないみなさんには初めて聞く言葉。もっとわかりやすく、

「強みとは自社のいいところ、お客様から感謝されたこと」を挙げてもらうようにお願いし、それを付箋紙で最低5枚は書いてもらいました。それを一人づつホワイトボードに読みながら貼り付けてきます。
似たような内容はグルーピングしてまとめていくと、10名が終わる頃には5つほどのグループができました。みなさん自社のいいところは同じように認識してるみたいです。

次に弱いところ、「先ほど出した強みがもっと効果的になるにはこんなことできたらいいこと」を出していきました。その際に、「強み、弱みといっても絶対的なものではない。グウは相手がチョキなら強いけど、パーなら弱いように相対的なものですよ」とお話しし弱いから悪いみたいなマイナスイメージは払拭しました。

かき出しも2回目になるので、だいぶ社員さんも慣れてきて、1回目の強みを書き出す際は1つしか書けなかった若手社員がけっこう辛口なコメントをしたりなど、活発に自社の改善点が出てきたのには驚きました。

社長と専務も今回のワークをやる前はうちの社員がきちんと出してくれないんじゃないか?と心配していましたが、それは希有に終わりこちらもびっくりされていました。