ちえてらすコンサルティング

電大懇親会

img_5084 子供の大学の長野地区での懇談会に参加してきました。

会場には20数名のご父兄と、大学からも学長含め20名近い先生やスタッフのみなさんがお越しになっており思ってたより立派なものでした。
あらためて学校の方針や今後の計画、学生向けの施策を聞けて、生徒数も多い工業系の大学ならでは将来像も好感がもてました。また来年110年という歴史の重みも感じました。

説明後の昼食を兼ねた懇親会では、せっかくだから学長と話そうと学長のデーブルに移動し、小一時間近くも話してしまいました。僕も理系で学長も理系なので話は合います。
技術に対しての探求は大事だが、最近の学生は人と話すことが苦手でコミュニケーション能力の向上が課題だということ、また電機や機械といってもソフトウェア技術は基礎教養として身につけておかないといけない、など学長の口からこれからの技術者、大学に対する考えを聞けてとてもよかったです。それにとても面白い方でした。

腕にされていたAppleWatchが画面が真っ黒でただのバンドになっていたのは笑っちゃいました。充電器を忘れられて電池切れになったそうです。

家に帰ってLINEで子供に学長といっぱい話したよというと子供は、「学長ってあの安田学長?学長はすごい人なんだよ!」と驚いていました。
どうすごいのかネットで調べてみたら確かにすごい方でした。JPEG、MPEG規格標準化での功績により1996年エミー賞を受賞し、2009年春に紫綬褒章受章されています。
あの、というか僕らが普段普通に使っているJPEGの規格を作った方だったんです!
それならサイン貰っとけばよかった。

安田学長からは、「これから当大学はもっともっと変革を遂げる。」と言われており新しい考えで新しいスタイルで学習していける環境に期待します。

安田浩学長:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E6%B5%A9