ちえてらすコンサルティング

中小企業診断士の日

img_5365

11月4日、先週の金曜日に長野駅前メルパルク長野で長野県診断協会主催の「中小企業診断士の日」制定記念式典が行われました。

中小企業診断士とは国が認める経営コンサルタントの国家資格で、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。

昭和23年11月4日に「中小企業診断制度」が発足したことを記念して今年から「中小企業診断士の日」を制定したものです。

平成27年7月1日現在で約2万3千人が中小企業診断士として登録されています。

長野県協会での式典には、県の関係機関や金融機関、お取引先など80名近くの多くの参加者で盛大に式が行われました。

中小企業を取り巻く経営環境は依然として厳しく、その支援の充実が求められています。行政や商工会・商工会議所、そして金融機関と連携して私たち診断士が企業のお役にたてるようにより一層がんばっていかないといけません。
診断士単独だけではなく、「連携」して「チーム」で取り組んでいく方が多様な経営課題に対応できると考えています。