ちえてらすコンサルティング

行く年来る年

昨日まで2016年の振り返り記事を書かせていただきました。

中小企業診断士として国の施策であるよろず支援拠点に関わらせていただき、年間100社近くの会社さんのご相談対応をやらせていただきました。一昨年からよろずには関わらせていただいているので200社以上の会社さんをみてきたことになります。
年間100社というとかなりの数です。いろんな社長さんや金融機関のみなさん、何百人という方とお会いしてお話しをさせていただいたことは僕の大切な経験です。

ある飲食店はLINE@での集客に頑張ってもらったり、取組先の会社さんは毎月の経営会議をしっかりやって大幅に利益を上げることができたり、これからの経営計画をしっかり立てた会社さんもありました。
社長はじめ経営層のみなさんだけでなく、その会社の社員全員との面談も何社もやらせてもらいました。

長野県内だけでも自動車の走行距離は16,000kmを越えていました。

仕事以外では、信州アルプス大学の開校、その一般社団法人化が大きな成果です。プス大もスタッフ始め多くのみなさんの関与があってのものです。僕一人ではこんなことできません。これから大切に育てていきたいです。

ワインに関しても少しステップアップできました。自主企画のワイン会も2回開催でき、満員御礼で好評でした。このワイン会も同じ塩尻観光ワインガイドの仲間がいたからこそできたもの、同じ目的に向かって進むと大きな力を発揮しますね。1+1=2以上にほんとになりますね!

今年もたくさんのみなさんと出会いましたし、これからが楽しみなとても大切な繋がりもできました。

同じ診断士の諸先輩、他士業の仲間、市民活動でのプス大のスタッフ、たくさんの仲間がいての1年間です。
ほんと、ありがとうございます。来年もよろしくお願いします。

よいお年を!