ちえてらすコンサルティング

クラウド忘れ物探しガジェットTrackR その1

やっと届きました、TrackR。

GPSとクラウドシステム、スマホとBluetoothを使った忘れ物を見つけるための電子ガジェットです。
日本では発売されておらず、ホームページ経由で米国に直接発注でした。

これが大変だった。

10月4日にWebで発注するとシッピング状況が確認できるDHLのURLが送られてきました。しかし当時は出荷が混んでたみたいでアメリカを出たのが10月26日、日本の川崎ステーションに11月5日に到着。ちょっと時間がかかりましたが、川崎からならすぐかと思って待っていても1週間経っても10日経っても届きません。

DHLの電話サポート(これが日本語なんだけどシンガポールであきらかに現地の人が片言の日本語で対応)に電話すると、「国内に入ってからは追跡できないのでわからない、直接出荷元に交渉して欲しい」とのこと。米国から日本まではDHLだけど、国内に入ってからは日本郵便の取扱で追跡が途切れるそうだ。なんじゃ、そりゃ。

今度はTrackRのメールサポートに問合せ。
「国際郵便だから出荷から90日は待ってくれ」
「あと10日経ったら調査します、お待ち下さい」
「あと1週間待ってください」
「あなたの忍耐に感謝します」
などなど、何回もメールのやりとりをして、そのたびに待ってくれとお願いされます。

でもとうとう先方の諦めてか、再出荷してくれました。この再出荷の連絡もこないのでメールで督促しましたが・・・
この米国とのメールのやりとりは当然に英語。
僕は英語ができないので役に立ったのがGoogle翻訳!Goolge翻訳を使ってメール文面を作ってやりとりしたんです。昔と違ってきちんと読める英語にしてくれるので、すごいです。

再出荷分は、12月16日に出荷されフランクフルト経由で12月28日に川崎に到着。30日に川崎を出て31日に受取りでした。今度はきちんとトラッキングできてます。前回と何が違うのでしょうか??

でも、しつこくサポートにメールで交渉したのが幸いでした。

さぁ、WebTrackingシステムTrackR利用の始まりです。

TrackR https://www.thetrackr.com/