ちえてらすコンサルティング

プス大と街をつなぐしくみ

大学と街を繋ぐ「経済的な仕組み」、も考えました。

ここ塩尻市大門にあるえんぱーくには毎日とても大勢の来館者が来ます。しかしお膝元の大門商店街の利用は少なく、せっかくの集客も「点」でしかありません。もっとえんぱーく周辺に人を広げていきたいと思っていました。

プス大は大学です。大学生活に欠かせないものといえば、学食、生協、です。

プス大に学生登録すると学生証を発行しています。
その学生証を提示すると少しイイことがあるお店さんを加盟店として登録させてもらい、学食・生協と呼んでいます。

現在6店舗さんに学食になっていただいています。
どのくらいの利用頻度かは調査していませんが、少しづつでもこういった仕組みを広げていきたいと思っています。

1年前の開校時は学生数は154名でしたが、今はほぼ倍の300名近い数になっています。規模の利益ではありませんが、300名にメールニュースでお店の宣伝もできることはお店の集客にも役に立つものではないかと思います。

今後も加盟店の開拓を進めます。