ちえてらすコンサルティング

プス大の学生になるには

プス大の学生登録はホームページからのサインアップになっています。

どなたでもどこの方でも学生になれます。入学試験もありません。
また、卒業もありません(^^)。

これまで学生の登録状況とか説明してきましたが、なぜあのような情報がとれるのかは、この学生登録時のデータ収集に工夫をしているからです。

プス大の学生登録フォームには、一般的なお名前、メールアドレス、電話番号があります。
これに加え、生まれた年(月日まではわざと聞いていない)、性別(男性・女性・その他)、郵便番号を聞いています。

生年月日までは個人を特定しすぎるし、こちらも誕生日プレゼントをあげるわけでもないので、生まれた年だけを聞いています。これによって1年の誤差はあるにしろ年齢がわかります。

住所についても、電子メールでの連絡しかしないのフルで入力してもらう必要もありません。郵便番号がわかれば市町村と地区までは変換することができます。

個人情報に厳しい時代です。フルの生年月日や住所を相手に伝えることには抵抗感が生まれます。
どこまで運営側がデータが欲しいのかによって聞く内容を変えることで学生登録の抵抗感を少なくしています。