ちえてらすコンサルティング

自己啓発ハイ

有名講師のセミナー、異業種交流会などに参加すると、その場の参加誰もが前向きで積極的ですばらしい人たちです。参加中や参加直後は僕も気持ちが高揚し、よしやってやるぞ!負けてはいられない!と思っちゃいます。

この自己啓発ハイに対する「違和感」を最近ものすごく感じます。

僕も資格の勉強をやっていた時は思い返せば「やっている自分の酔って」いたと思います。

変な話、資格試験に合格した後も「勉強していない自分が不安」で、次の資格また次の資格と勉強していきました。

自己啓発の「啓発」とは
「人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識・理解に導くこと」
です。ということはそもそもの意味は他人に対して自分が気づかせることが啓発です。
それを他人に対してでなく自分に対してやることが「自己啓発」、自分自身で自分に気づかせる行為を行うことです。これでは目的が無い気がします。

本来は何かの目的があってそれを達成するための勉強が自己啓発のイメージです。例えば何らかの資格を取得したらそれを生かして事業を行うというものです。

しかし、資格の学校のうたい文句に「ダブルライセンス」「トリプルライセンス」があります。1つの資格だけでなく複数の資格を持ったほうがいいですよ。というものです。

これではいつまで経っても終わりがありません。

「自分で稼ぐ」経験の無い会社員などは、この無限ループに陥りやすいのではないかと思います。
僕自身もそういう時期がありました。

このループから脱することができたのは「実務」を経験したからです。