ちえてらすコンサルティング

[0958] ワインガールズ

地元塩尻の志学館高校を舞台とした小説「ワインガールズ」を読み終えました。

志学館高校は全国でも珍しいワイン醸造科のある高校で、高校生がワインを造っており秋の学祭では大人気のワインです。

著者は地元ラジオ曲でパーソナリティを務める三四六さん。
熱い語りで人気のタレントさんでこの本が初の小説執筆となる作品です。

物語の要所要所に地元の実名が出てくるし、信州の名産品も出てきます。登場人物のモデルにもなった人も思い当たるのでどっぷりと物語りの世界に浸れます。

で、お恥ずかしながら何カ所も泣いちゃいました。

初小説だけあって文章はお世辞にも上手くはなく、ストーリーのプロットも欲張りすぎのところはありますが、それに文句をいう以上に登場人物が繰り出す物語やその背景となる地元桔梗ヶ原の歴史の重みに心が揺さぶられました。

物語にあるように志学館高校のワインはコンクールで入賞するほどの実力ももっており、この「ワインガールズ」のお話しは「実話」が元になってもいるんです。

来月は塩尻ワイナリーフェスタが開催されます。
このワインガールズを読んでフェスに参加すれば、もっと楽しめること請け合いです。

志学館高校 http://www.nagano-wine.jp/winery/kikyogahara/shiojirishigakukan/

Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4591154157/