ちえてらすコンサルティング

[1002] なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?

タイトルに惹かれて読みました。

現在日本人がかかえる「見えない不安」がなぜそう思うのかその理由を大学教授とその生徒の対話を通じて解説しています。

経済学、宗教、歴史、いろんな観点が絡まり合い、現在の政治の判断が行われていますが、そもそも「成長の限界」を超えているこの時代に「成長しつづける時代」の論理で物事が動いていることが根本原因であると著者は述べています。

その打開策として、既得権を持つ老人達の年金の廃止(低額化)を事例にしており、かなりドラスティックな考え方の転換をしないといけないと強調しています。

読んでみて面白かったし、パラダイムシフトが起こっていることには賛成です。
個別事象の理由付けには偏りもあって100%同意は出来かねますが、今の時代を読み解くにはいい書籍だと思います。