ちえてらすコンサルティング

[1007] 塩尻ワイナリーフェスタ(観光編)

塩尻ワイナリーフェスタの2日目はお客さんとしてワイナリーめぐりをしました。

塩尻駅前のメイン会場から各ワイナリーを巡る循環シャトルバスが出ています。大勢のフェスタ参加者とバスに乗って移動すると普段の見慣れた桔梗ヶ原のぶどう畑も新鮮に見えて、あらためていいところに住んでるなぁと思います。

最初に訪れたのはアルプスワインの圃場。まだ3年目の若い葡萄の樹が青空の下に広がっています。素晴らしい光景です。

 

次は信濃ワイン。地下セラーでは社長自らが説明をやられてました。
そいてシャンパン製法で造っているスパークリングを発見!ガス注入ではなく手のかかる製法です。このスパークリングは有料試飲で頂きました。

 

そして五一ワインでは工場見学ツアーに参加させてもらいワインのできるまでの説明を受けることができました。発酵途中のナイアガラの香りといったらほんといい香りです。ぶくぶく泡も出てて珍しいものを見せていただきました。

 

メイン会場では糸魚川市の火災のチャリティーオークションに参加。塩尻市と糸魚川市は友好姉妹都市だそうで、僕も糸魚川市は大好きな街です。10年物の樽塾メルローを落札!これはいいものです。

塩尻ワイナリーフェスタ2017は土日の両日とも晴天に恵まれ大盛況でした。
自分の住んでる街にこのようなワイナリーがあり、観光資源として大勢のみなさんに来ていただけることはとてもうれしいことです。ワインの街、塩尻にぜひおこしください。