ちえてらすコンサルティング

[1081] 個人事業税がやってきた

開業して3期目、税務署から個人事業税のお知らせが届きました。

確定申告している所得税、そこから自動計算される住民税以外に県税として「個人事業税」を納める義務があるとのことです。

僕の場合はコンサルタント業として5%の個人事業税がかかることになりました。8月と11月の2回に分けて分納するそうです。

税額の計算方法は以下の通り。

( 確定申告した事業所得金額 + 青色申告特別控除額(65万円) - 損失非課税控除 - 事業主控除額(290万円) ) × 税率(コンサルタント業は5%) = 税額

青色申告特別控除が戻される代わりに、290万円の事業主控除があるんですね。

 

確定申告をトリガーに税金を徴収するシステムはよくつながってますね。

「個人事業税」とは
事業を営む方は、収益事業を行う際には、道路等の各種の公共施設を利用する等の様々な行政サービスを受けています。そこで、これらの経費の一部を負担していただくという趣旨で儲けられているのが個人事業税です。