ちえてらすコンサルティング

[1109]県政タウンミーティング

[1109]県政タウンミーティング

[1109]県政タウンミーティング

10日の日曜日に県政タウンミーティングというものに参加してきました。

長野県の新5カ年計画にたいする意見交換会で、阿部知事も参加しての開催でした。

現在の「しあわせ信州創造プラン」は診断士でもあるので目を通していましたが、それも今年度が最終年、次の計画策定がすすんでいるとのことです。

一番の基本は「学び」、多様な学びで人財力を向上させること。学びについては阿部知事からもご自身の思いを熱く語られました。

さて、ミーティングの参加者は半分が高齢者、半分が40代以下の若い層で、最年少は高校2年生16歳!この手の会議に参加する若い人たちはみんな何かしらの活動をやられている方達ばかりで、ワークショップも熱いものでした。

 

とはいえ、今回のワークショップで課題としても上がっていましたが、このようなタウンミーティングがあることの告知不足、県内のいろんな活動の見える化、広報活動が十分でないことが挙げられます。
一部のいつものメンバーばかりでは、多様性もなく意見も偏ってしまいがちです。

僕らのプス大の活動含めて、情報発信についてはまだまだ取り組む課題がいっぱいだと感じました。