ちえてらすコンサルティング

大っきいことはいいことだ:マグナムボトル

大っきいことはいいことだ:マグナムボトル

大っきいことはいいことだ:マグナムボトル

ワインのボトルにはいろんな大きさがあります。

シャンパーニュとボルドーでも名前が違うのですが、一般的な750mlの瓶のことをBouteille「ブティユ」といい、その2本分の1500mlの瓶をMagnum「マグナム」といいます。

もっと大きい4本分、6本分もあるそうですが、なかなかお目にかかりませんね。

写真はスパークリングワインCAVAのマグナムボトルと普通のボトルです。

普通のボトルの2本分、1.5リットルというとさすがにデカいですね!
とくに瓶内2次発酵のスパークリングワインは大きなマグナムボトルの方が発酵がすすんで美味しいとききます。
大きいのでおめでたい席やパーティなどで、パーン!と開けたいですね!