[1143]キーボードを揃える

デスクトップPCのキーボードを変更しました。

キーボードはパソコンと人間とを結ぶ主たるインターフェース、その使い勝手によって作業効率が全然変わってきます。ですので使い慣れたキーボードから別のものに変更するのはかなりの決断となります。

変更したキーボードは「レノボ・ジャパン ThinkPad トラックポイント・キーボード」です。
そう、ノートパソコンThinkPADと同じキーボードです。

この春から使い慣れたVAIOからThinkPADにノートパソコンを変更し、モバイル時はThinkPADを常用するようになってそのキーボードの使い勝手の良さにすっかり慣れていました。
なんといっても1番の特徴はキーボード中央部にある「トラックポイント」と呼ばれるジョイスティックみたいな入力装置です。トラックポイントでマウスカーソルを自在にうごかすことで両手をキーボードから離すことなく操作ができます。

これまで使っていたキーボードもこだわりがあっての「マイクロソフト エルゴノミクスキーボード」。かなり独自形状のものでした。最初はなかなか慣れませんでしたが慣れれば手にフィットして使い易いモノでした。

しかし、キーボード、テンキー、マウス、と3つに別れておりしばしば操作が煩雑になってしまうことが難点でした。

そこでデスクトップもノートも同じThinkPADキーボードに変更し、入力インターフェースを統一しました。キーボード自体はエルゴノミクスキーボードと比べるとかなりコンパクトですね。

 

ノートパソコンのThinkPADと並べてみると一目瞭然、大きさもほぼ同じ。

細かなことですが、パソコン作業が多い仕事なので、こういったインターフェース(使い勝手)の統一は、学習負荷を低減し、作業性向上に寄与すると考えます。