ソムリエナイフ

ワインを抜栓する際に使うのがワインオープナーと呼ばれるモノです。

いわゆるT字型でスクリューがついているもの。ワイン買った際におまけにつけてもらったり、100円程度で売ってたりします。でも実際にT字のオープナーを使うとなかなかコルクが外れません。
スクリューを回してコルクに入れるところまではいいのですが、その後コルクを引き抜く作業に力がいって最後はいきなりポンと抜けてビックリします。

ワインを抜栓するときは安くてもいいのでソムリエナイフをお勧めします。

上の写真でいうと、真ん中にスクリュー部分があって、左側に2段階のひっかけのある首がついています。この首をボトルの縁に引っかけててこの原理でコルクを持ち上げます。
T字型のオープナーに比べて驚くほどスムースに抜栓できます。ポイントは首が2段階になっていることです。最初は奥の首で引っかけてコルクを引き上げ、ある程度コルクが上がってきたら手前の首で最後まで抜くという方法です。

この首が2つあるものを「ダブルアクション」といいますが、首が1つのシングルアクションより使い勝手がいいですので、選ばれる際の参考にしてください。

ソムリエナイフの1000円以下からAmazonで販売されていますので、最初は安いもので使い慣れるところから始めると良いと思います。

なんたって、T字型オープナーよりもソムリエナイフで抜栓するほうが、カッコいいですからね!