おどもカフェが賑わってる!

阿南町にある「おどもカフェ」。

元地域おこし協力隊の尾崎さんが協力隊終了後に起業して始めたコミュニティカフェです。

阿南病院横にあったもと歯科病院を改装して造ったカフェには、今ではたくさんの人たちが集う場となっています。

この日は近所の農家さんがマクロビ定食を振る舞う日でした。また外国人も訪れていました。
尾崎さんだけでなく、町内のいろんな人が関わっておどもカフェはしっかりとコミュニティの場となっていました。

それまで喫茶店も無かった阿南町。営業しても上手くいかないよなどの意見もありましたが、
尾崎さんの人柄と3年間の協力隊時代の町民との関係性づくりが功をそうしたのではないかと思います。

いろんなところでカフェをやりたいといって起業する人もいますが、地域との関係性資本がとても大切で、
ただ単におしゃれなお店があればいいというものではありません。

開店して2年。おどもカフェは成長していることを実感しました。