BARのお酒の付加価値

BAR。

薄暗い明かりの中でお酒を楽しむ、大人の居場所です。

多種多様なお酒をいただけるのがいいところですが、家飲みと違って、場所の雰囲気、グラス、マスターとの会話など、いろんなものがBARにはあります。

いろんなお酒を飲めるという特色をのぞけば、お酒単体であれば家飲みが安くあがります。

でもなんでBARに行くかというと、自分では見つけられないお酒をマスターとの会話から勧められること。
そしてそのお酒を最高のシチュエーション(お店の雰囲気、グラス、注ぎ方のパフォーマンス)でいただけることじゃないでしょうか?

中核の価値としてのお酒の周りを、さまざまな付加価値が取り巻いている。
別のいい方だと、素材であるお酒がより楽しめるように、ドレスアップさせている。

これって、モノを売るやり方や商売のやり方のいいお手本だと思います。

さらに、お酒の最高の提供ができるのは、マスターの人柄があってのものですね。