贅沢なシードルをいただきました

リンゴから作られるスパークリングワインのことをシードル、そのシードルを蒸留してつくるお酒をカルバドスといいます。

カルバドスはフランスノルマンディ地方のお酒でリンゴのいい香りがします。最近、日本でもシードルだけでなくカルバドスをつくるところも増えてきました。

シードルは本当はシャンパンのようなスパークリングワインより安価なもののはずですが、日本のシードルは高い。1本2000~3000円はしちゃいます。その価格でシャンパンやカバみたいに味に深みやコクがあるというものでもなく、ちょっとコスパが悪い気がします。

そんな話をバーのマスターとしてたら出してくれたのが、発泡性のブドウジュールにカルバドスを入れてスパークリングにしたもの。カルバドスのいい香りとリンゴジュースのやさしい甘みがなんともいえません。

リンゴジュースの泡がまたとても丁寧できれいで見ていても飽きません。

日本のシードルは過度にドライだったり、ベタベタに甘かったりともう一歩二歩の成長が欲しいところです。
とはいえ、リンゴの産地長野県でのシードルの振興はとても期待しています!