減点方式ではなく加点方~ワインのテイスティング

ワインのテイスティングセミナーに通っています。

外観、香り、味わいとテイスティングのフォーム(型)を持つことを勧められています。

決して銘柄当てではないということも強調されますが、最終的には銘柄を当てることも大切。

それ以上にワインのテイスティングの考え方で重要なのは、
「長所を探して、人にどう伝えるか」。

香りが薄い、ハーブの香りがしない、などの否定表現ではなく、そのワインの個性を引き出すことが大切。もともとお客さまにワインを勧めるための行うのですから、否定表現ではいけません。減点方式ではなく加点方式。人に勧めるときにはいいところを伝えますよね。

この「長所を探す」は中小企業診断士として企業の診断や相談に乗る際に大切にしていることと同じです。

否定したって始まらない。いいところを探して伸ばす。

とても共感できる考え方ですよね!