マウスの代わりに

パソコンのカーソルの移動方法といえば、マウスが多いですよね。

でもマウスを使うとキーボードから手を離さないといけないため作業効率が落ちてしまいます。

ノートPCの場合は、昔はトラックボール、今はほとんどがトラックパッドが採用されています。

とくにWindows8以降のタッチパネル機能搭載機だと指でのジェスチャー操作もあるのでトラックパッドが有利です。でもこれもカーソルを移動するにの何度もパッド面をこすらないといけないため面倒くさかったりします。

これまでいろんな入力装置を使ってきましたが、お気に入りは「トラックポイント」です。これはThinkPadのアイデンティティとも言える入力装置で、キーボードの真ん中に赤いジョイスティック状のものが配置されておりこれを上下左右に倒してカーソルを移動させます。

この機能のすごいところはキーボードから手が離れないことです。
入力動作が全てキーボード上で行われるので動きに無駄が少なくなります。とくにノートPCの狭い環境では威力を発揮します。

僕はデスクトップパソコンもThinkPadキーボードを使い入力環境を同じにしてますが、3画面のトリプルディスプレイだと範囲が広すぎてトラックパッドでの移動よりもマウスでの移動の方がしっくりきます。指の力の入れ方とカーソルの移動にちょっと差異があるようです。トラックポイントはある程度の範囲の画面の大きさで使う方がいいと感じています。

そのトラックポイントも1年も使っていると劣化してくるので交換することになります。先日Amazonで購入したのですが、大きさが2種類あるようで、ディスクトップ用と最近の薄型のXシリーズとでは違っていました。キーボードの上から見ただけではわかりませんね。

もしトラックポイントを交換しようと思われている方は一度取り外して大きさを確認することをお勧めします。