経営革新計画の現地視察

「経営革新計画」とは、中小企業等経営強化法に基づいて作成する企業の経営計画で、革新=新たな事業計画を推進するものです。認定されると、低金利融資や補助金の加点などのメリットが得られます。

申請は国ではなく県の地域振興局に行います。先日ものづくり補助金の関係で2件申請を行った時は、まずは地域振興局に電子メールで申請書を送付し事前にみてもらいその後現地視察・ヒアリングという流れでした。

申請書の限られた記述欄ではわかりにくい現場の様子を見てもらい、その上で説明できることはありがたいことです。申請をきっかけに地域振興局と地元企業とのコミュニケーションがとれることもメリットだと感じました。

今回2件とも視察に立ち会わせていただきましたが、企業側の思いを伝え、現場を見てもらうことは中小企業振興施策には大切です。顔見知りになれば親近感も湧き、相談もしやすくなります。地元に密着した経営革新計画の申請はとても有意義なものですね。