独自ドメインメールをGmailで使うには

電子メールアドレスを独自ドメインで使えるサービスはいくつかあります。
やはり、@gmail.comや@yahoo.co.jpみたいなものでなく自分独自のメールアドレスの方がビジネス的にちゃんとしてるイメージを与えます。

独自ドメインのメールアドレスはレンタルサーバーを借りれば使えるようになったり、電子メールだけでよければ、月額100円くらいから利用できるものもあります。

さくらのメールボックス(年額1029円)

お名前メール(年額920円)

上の2つはどちらもメールボックス容量10GBで複数ドメインが利用できるサービスです。

レンタルサーバーやこれらメールサービスで独自ドメインのメールが使えるようになるのですが、その利用には各プロバイダーのWebメール画面やOutlookなどのメールクライアントからになります。

しかしここは普段使い慣れたGmailで独自ドメインのメールアドレスの送受信をしたいところです。

①プロバイダーのメールの転送先をGmailに設定
②Gmail側で独自ドメインのメールアドレスを登録し送信できるように設定

この2つを設定すれば、Gmailのインターフェースから独自ドメインのメールの送受信が可能となります。

さくらインターネットを使った場合の詳しい設定方法の資料を公開しましたので、ご活用ください。同じ要領で他のプロバイダーの設定もできると思います。

■20180525  Gmailを独自ドメインで使う方法(さくらインターネット編)

  Gmailを独自ドメインで使う (696.0 KB, 134 hits)