ネットで受講も便利です

都市部には国家資格を目指す学校や趣味のワインスクールなどがありますが地方都市だとそうはいきません。そのような都市部の学校も今ではインターネットを介して授業を受けられるようにしており、地方都市で暮らしている僕らは必然にネット経由での勉強となります。

本校でも授業風景をビデオ録画したものを1~2週間遅れでネット配信しています。タイムラグはありますが、ネットであれば時間と場所に縛られずに好きなタイミングで講義を受けられるのは便利です。途中停止もできるし聞き逃しはありません。

数年前に中小企業診断士の受験講座をTACで受けていました。これもネットで本校の講義を録画したものを観るものです。スクーリングもできたので、何回か渋谷まで通ったのですが、やはりビデオとリアルとでは大違いです。

実際の教室の雰囲気、先生にその場で直接質問できること、これらは大きな違いでした。場の空気感はネットでは伝わってきません。そんな受講生がどんな姿勢で講座にでているのか?そのピリピリ感は実際の教室だからこそです。質問ももちろんメールでできるのですが、先生と対話しながら聞いた方が早いし理解も深まります。

リアルタイムでテレビ会議みたいに繋いで講座に参加するよりも、今の録画した講座を観ながらでも非同期で質問できる環境があったらいいなと思います。