認定支援機関としての初仕事

ものづくり補助金の2次募集が始まっています。

申請するにあたって加点対象でもある「先端設備導入計画」の申請も同時に行います。先端設備導入計画の申請先は各市町村になります。その際に計画の妥当性を証明する「認定支援機関確認書」が必要です。

ものづくり補助金でもそうですが、計画の正当性や効果があることを認定支援機関が確認しないと申請できないことになっており、先端設備導入計画も同様の確認が申請書類に必要です。認定支援機関でないとできない業務の1つです。

ちえてらすコンサルティングは6月29日付けで認定支援機関になりましたので、今回のものづくり補助金申請からは自社で全て行える体制になりました。

先端設備導入計画の「認定支援機関確認書」、ものづくり補助金の「認定支援機関による競争力強化並びに支援に関する確認書」の2つから認定支援機関としてのちえてらすコンサルティング初仕事です。

実際に書類に認定支援機関ID番号を書いて社印を押すと重みがでます。当然に計画に責任があるのでしっかり支援していきます。