LINE Pay店舗用アプリとは?

LINE Payの新しい決済方法として「LINE Pay店舗用アプリ」があります。

これはスマホに「LINE Pay店舗用アプリ」をインストールして、スマホの画面で金額を入力して、お客さまのQRコードを読み込んで決済するものです。

この店舗用アプリを使おうと思った最大の特徴が、

「店舗アカウント」と連携することで1000通/月までメッセージ配信も可能に。

というものです。LINE@と連携できるようになれば、決済も情報発信も1つでできる!と思ったからです。

しかし・・・甘かったのです。

昨日のブログでLINE Payは決済方法ごとにアカウントが違うとお話ししましたが、当然に「LINE Pay店舗用アプリ」のアカウントも既存のアカウントとは違うものになります。つまり、今運用しているLINE@アカウントとは「別」なのです。新しいアカウントとして決済とメッセージ配信ができるということでした。

しかも、現在できる機能はメッセージ配信のみで、LINE@アカウントのようにアカウントページやクーポン配信などの機能はありません。友だち追加で追加された店舗用アカウントは開くとほぼ空っぽの状態になります。


LINE Pay店舗用アプリアカウント


普通のLINE@アカウント

まだまだ出始めのサービスなので、ちぐはぐな部分が散見されますが、「LINE Pay店舗用アプリ」は本来は既存のLINE@アカウントと接続すべきでしょう。これからのサービス向上を待つしかありません。

情報も散在し、わかりにくいLINE Payですが、3年間の手数料無料期間もあるのでトライしておいて損はありません。