新しいトラッカー(活動量計)

運動の記録用にトラッカー(活動量計)を長年使っています。

僕が愛用しているのはFitBit。
一番最初は万歩計のちょっと進化したようなFitbitZIP(歩数、km、運動量)。次にバンド型のFitbit Flex。次に体重計のFitBit AriaとCharge2を導入しました。

2013年 FitBit ZIP
2014年 Fitbit Flex
2016年 Fitbit Aria ・Fitbit Charge2
2018年 Fitbit Charge3

もうかれこれ5年使っています。

Charge2もバンド型でGPS機能が付いてない分、電池も持ちも良く、操作も簡単で画面タッチと物理ボタンの2つで表示を切り替えます。スマホの電話をバイブで通知してくれるので大変便利です。

Charge2は交換バンドも豊富に揃っており、何種類か購入し付け替えして楽しんでいました。それもあって2年間も使っていたのだと思います。

特段、不満はありませんでしたが新製品のCharge3が出るとなるとバージョンアップしていいかなと思い、即、購入しました。

Charge3は2と比べてパネルが大きくなり、タッチ操作ができるようになりました。2ではタッチだけで画面表示を切り替えていましたが、3では、上スワイプ、下スワイプ、横スワイプとスマホ並みの画面切り替えです。ちょっと慣れるまで複雑ですね。
画面は有機EL、GPSは未搭載のまま。そのぶん、電池持ちがいいです。
物理的には、物理ボタンの廃止、防水(水泳で使える)、バンド交換がより簡単になっています。

 

スマホ連携も多少は進んでいて、LINEの通知を受信できます。またお天気アプリも搭載されていて、今後アプリが増えていくことに期待です。

 

今ではスマートウォッチが活動量計の機能も内包しているものもありますが、AppleWatchにしろ電池持ちが今ひとつだし、僕はあの真四角なデザインには触手がうごきません。専用機は専用機の良さがあるので、Charge3に乗り換えた訳です。

スポーツ用交換バンドも注文しているので届いたら付け替えようと思います。操作にまだ不慣れなのでしばらく使ってまたレポートしたいと思います。

https://www.fitbit.com/jp/charge3