WordPressでのホームページ制作

ホームページ制作を請け負うことがあるのですが、ベースのCMSはWordpressを利用しています。世界中で使われているメジャーなCMSなので、機能も情報も充実しています。

基本的に無料でいろいろやりたいことはできるのですが、生産性を考えると最近は有料のものを使うことも多くなりました。
ここで取り上げた有料ツールを使うと、Wordpressでのホームページ運用は格段に楽になりますよ。

■テーマ(見た目)

テーマは外国のテンプレートも使っています。とても高機能でHTMLやCSSをいじらなくてもメニューからいろいろ設定できます。じぶんがつくりたいイメージに近いテンプレートを見つけるのには時間がかかりますね。

 

■ビジュアル・エディッター

elementorというページビルダーを最近見つけて愛用するようになりました。elementorはWordpressの画面をマウスを使ってパーツを配置しながらつくっていける優れものです。これを使い出すと、ページレイアウトは自由自在にできるようになり、デザイナーいらずです。
elementorも無料版でも十分ですがこれだけ便利なツールなので有料版にしました。これをつかうとこれまでデザイン変更するのにかかった時間がバカみたい。とっても簡単にデザインできちゃいます。お勧めです。

https://elementor.com/

 

■バックアップ

ホームページもバックアップは大切です。いつ何時悪意ある者からの攻撃にあうかわかりません。またシステム更新時にも失敗に備えてバックアップを取ることが無難です。僕もこれまで何回もバックアップがあって助かったことがあります。
Wordpressのバックアップにもいろいろあります。これまでいろいろ試してきて落ち着いたのがこれです。
All-in-One-WPMigration。
ボタン1つでWordpressサイトをまるごとバックアップしてくれます。そして別のドメインへの移動も自働でURL書き換えもやってくれて便利です。テストサイトから本番サイトへの移動などこれを使えば簡単です。
さらに、有料にはなりますが、FTPバックアップやGoogleDriveなどへのバックアップもできるようになります。

https://servmask.com/

 

■投稿だけを移管したい

All-in-One-WPMigrationではWordpressホームページまるごとにバックアップですが、既に稼働しているホームページをリニューアルする場合など、All-in-One-WPMigrationを使ってテスト環境をつくって、そこで修正を加えて本番に戻すのですが、修正中に本番環境に投稿された記事をどう反映させるかが悩みの種でした。
Wordpress標準のXMLインポート・エクスポートでは、テキストデータは移行できますが、画像は元のサイトのままなので、結局手動で画像を持ってきてリンクの張り替えをしないといけませんでした。これは面倒!
そこで出てくる便利なプラグインが、DeMomentSomTres Exportです。
Wordpress標準のXMLインポート・エクスポート機能を強化して、画像ファイルも元のホームページから新ホームページにダウンロードしてくれます。まんま投稿が新ホームページにコピーできます。

https://ja.wordpress.org/plugins/demomentsomtres-wp-export/