今年の取組み② SAKE DIPLOMA

今年の取組みの第2弾は、日本酒の資格取得です。

日本酒の資格にもいろいろありますが、僕が取得したのは日本ソムリエ協会の「SAKE DIPLOMA」。昨年のワインエキスパートに続いてのソムリエ協会の資格にチャレンジです。

日本酒も最近はワイングラスの提供するお店も増えてきており、ただ酔うために飲むのではなく、お料理とのペアリングを考えた飲み方が注目されています。

つまり、ワインと同じ要領で日本酒を味わう、日本酒を表現することで、日本酒を世界レベルで広げることができる、というのがソムリエ協会の考え方です。

日本酒について学ぶと、また違った観点からワインを捉えることができ、ワインに関してもより深く楽しめるようになりました。

試験はCBTというコンピューターで受験するもので、もうイヤというくらいの暗記試験。何十と年号を暗記しました。2次のテイスティングは日本酒に焼酎と出るので、1次試験後に日本酒・焼酎を各種取り揃えて練習に励みました。

日本酒では、純米酒、吟醸酒、本醸造などの区別や酒米の区別が求められます。焼酎は、芋・麦・米・そば・黒糖などの原料の区別が求められます。最初はわかりませんでしたが、本で学んで、東京のワインスクールの講義をWebで視聴してと勉強を続けていくと、その違い、特徴がわかるようになるんですよね~。

日本酒も焼酎も奥深いお酒です。

ワインと日本酒の両方の資格を持っているので、片方だけの知識でなく両方の知識を動員したワイン会、お酒の会を開催したいなと思っています。

 

Copyright© ちえてらすコンサルティング , 2019 All Rights Reserved.