大判振る舞いのふるさと納税

更新日:

ふるさと納税の還元率がいろいろ問題になっていますね。

ふるさと納税は、納税とはいっても実際は自治体への寄付金のことで、

例えば、10,000円寄付をすれば、

寄付金控除として、

実質2,000円で済むということで大人気になっています。

 

その返礼品の比率が激化していることを踏まえ、

昨年の国会で、返戻率を3割・地元特産物以外をNGとする税制改正案を

出しました。

可決されると6月以降のふるさと納税から適用されていまします。

 

それに反対するように、これまでも返戻率が高かった大阪の泉佐野市が

寄付金額の20%Amazonギフト券付きふるさと納税を期間限定で始め話題になっています。

泉佐野市は昨年のふるさと納税額1位の自治体です。

 

僕もさっそく申し込みました。

寄付金15,000円で、缶ビール24本+3,000円のAmazonギフト券が返礼品としていただけます。

缶ビール24本で約6,000円+ギフト券3,000円で、9,000円と返戻率は60%!です。

 

このキャンペーンは、大手のふるさと納税サイトではやっておらず、泉佐野市直営のサイトのみ

になるのでご注意を!

さのちょく:http://furusato-izumisano.jp/

 

過度な返礼品の競争は考え物ですが、どこまで自治体の行うことに国が口を出すかも

考え物です。

 

でも、自治体をPRするには効果があることも事実ですし、

消費者としてはせっかく寄付するならお得感が欲しいです。

 

3月までの上限100億円の限定キャンペーンなので、チェックしてみては!

 

 

 

 

Copyright© ちえてらすコンサルティング , 2019 All Rights Reserved.