仕事用パソコンの強化②グラフィックボード

更新日:

昨年から始めた動画配信「ちびネスTV」。

スマホやハンディカムで撮影した動画を
少しだけ編集してネットにアップしています。

難しい編集はしないのですが、
動画の書き出し(エンコード)には
時間がかかります。

 

そこでパソコンの延命措置も兼ねて
グラフィックボードを交換することにしました。

グラフィックボードはそれこそ、ピンキリで
上を見たら10万円近いものもあります。
3Dゲームをやるわけではないので、
そこそこ中くらいのものと物色。

最新型は高くて手がでないので、
現行型の一番売れている
コスパの高いものを選択しました。

Gforce GTX-1060です。
それでも3万円と
なかなかもお値段でした。

上の写真はこれまで付けていたGforce GTX750Ti(2016年購入)
と今回購入したGTX-1060です。

冷却ファンがダブルになり、
カード長も長くなっています。
ミドルクラスのゲーミング用の
グラフィックボードだけあって、
見た目もかっこいいです。


装着した状態

 

ゲーミングパソコンではないですが、
見た目がものすごくかっこよくなりました。

3画面出力するのですが、以前は、
HDMI x1
DVI x2
でやっていたのですが、
1060カードはHDMI出力が2つ付いているので、
ディスプレイのDVIをHDMI変換コネクタで変換して、
HDMI x2
DVI x1
で使うように変更しました。

手持ちのDVIケーブルが短く、
パソコンの取り回しが悪かったので、
HDMIの長いコードを購入して
取り回しをよくしたかったこともあっての
HDMI変換です。

 

無事に3画面出力できています。

 

グラフィックボードを強いものに変えたので、
動画のエンコードが速くなったかというと・・・・

そうは簡単ではありませんでした。

グラフィクボードにソフトウェアが対応していないといけなかったのです!

 

つづく

Copyright© ちえてらすコンサルティング , 2019 All Rights Reserved.