ワイン検定が新しくなりました!

2020年1月17日

日本ソムリエ協会のワイン初心者向け検定「ワイン検定」。

入門編としてご家庭でワインを楽しむ知識を習得する「ブロンズ」クラス。
ブロンズクラス認定者向けに、レストランやワインショップで好みのワインを選ぶための知識を習得する「シルバー」クラス。

全国でブロンズクラス2332名、シルバークラス966名が受験されています。長野県はそれぞれ88名、45名と全国でも上位になっています、さすがワイン県ですね!

昨年はシルバークラスのテキストが改訂されオールカラーでビジュアル的にもワイン好きが手元に置いておきたい内容に一新されました。
今年はブロンズクラスのテキストが改訂され、これまたオールカラーでより内容の充実したものになりました。

ざっくりいうと、
ブロンズクラスは、ブドウ品種の詳細な解説。シルバークラスは産地の解説となっています。

新しいブロンズのテキストはシルバー合格者も購入をお勧めできる内容です。28種におよぶブドウ品種の写真と解説は上級資格であるソムリエ試験の教本にも載っていない内容、これはためになります!

内容が濃くなった分、以前の20ページから40ページもボリュームもアップ。試験内容もちょっと難しくなるようです。

より役に立つ内容になったワイン検定。
ワインにご興味があるみなさんはチャレンジをお勧めします。

ワイン検定について詳しくはこちらを

ワイン事業:Enjoy Wine,Live Better - ちえてらすコンサルティング
ワイン事業:Enjoy Wine,Live Better - ちえてらすコンサルティング

ワイン検定、経営者のためのワイン講座、ワインを通してビジネスを学びます。

続きを見る

Copyright© ちえてらすコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.